3rdアルバム「Yellow Parka Go Home」収録曲解説〜ぎっちぽん編〜その2

続き、

【Nostalgic Invader】
みんかとぅ氏も勘違いをしておられましたが、このインスト曲、私が作曲しました。
「戸野ハジメさんみたいな曲を作ろう!」と思って頑張ってみたのですが、やはり難しいですね。
彼独特のゲヘゲヘな世界観が表現できませんでした。
まぁ途中で自分の作りたいように作ってしまったんで、後半はありがちメロディを連発しておりますが…。
テーマは「苦あれば楽あり」。
曲名の通り、インベーダーなSEからノリノリのダンスパート、
そしてボス戦のようなダークな雰囲気からの明るいメジャーキーのオンパレードで静かにエンディング…という
ありがちな展開ですが、個人的には普遍的な人間に聴かせても大丈夫な曲が出来たのでよかったと思っております故。

【NO SMARTED】
食事に命を掛けるが余り、無惨な肉体へと変貌を遂げてしまったが、どうしても食欲を抑える事ができなく
また暴飲暴食の路頭に迷う人々の魂の叫びが聴こえますね。
ちなみに私もその一人なので、非常に感情移入して詞を書く事が出来たのですが、「Born in Bone Shock!!」とはなんておぞましい創作英語を考えてしまったのだろうと、我ながら狂気を感じております。
まぁ確かに肥えると骨に衝撃が生まれて、腰をギックリさせちゃったり、ヒザを外しちゃったりしちゃうから
あながち間違っていないですけどね。
この曲を聴くと、逆流性食道炎にも関わらずトンカツの食べ放題に行き、苦痛の表情をして貪っていたみんかとぅ氏の表情を思い出すなぁ…。
(曲名および曲調が、若者に絶大な人気を誇る某バンドの楽曲に似ているのは気のせいだろう。)
【We are BANANA SCOOTER’S〜Peace of Oppai.Mix〜 】
みんかとぅ氏が作曲を手掛けた、1stアルバム収録「Peace of Oppai」をベースとした、
我々BANANA SCOOTER’Sのノンフィクション自己紹介ラップです。(あまり韻踏んでないけど)
大体、みんかとぅ➡ぎっちぽん➡戸野ハジメの順番で騒ぎ喚いております。
ちなみに曲の最後に流れるみんかとぅ氏の語りは、
「〜自己愛と欲望に生きる男〜みんかとぅ独占密着ドキュメンタリー」の音声をサンプリングしております。
結構クズ人間的な事を語っておりますので、そちらの方も要チェケラでございます。
(※この曲は、くれぐれも電気でビリビリはしませんのでお間違え無いようにご注意下さい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。