グルメ・芸能・アイドル・音楽・映画・男の遊びを紹介する  メンズライフワーク応援ブログ

BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ

お出かけ、体験レポ コラム ブログ メンズライフワーク(男の遊び) レポート

【次世代の性道具】秋葉原 3D SOD VR体験レポート

更新日:

皆さん、こんにちわ。
都会の中のアダモステ、トノハジメです。

さて、遡ること2009年、とある映画が一斉を風靡し、現在までも続くおよそ30億ドルにも及ぶ世界一の興行成績を樹立しました。その映画は『ターミネーター』『タイタニック』等の巨匠ジェームズ・キャメロンが監督した一大SFスペクタクル『アバター』。

単純なプロットでありつつも、イマジネーションに溢れた驚異的な映像表現は世界でも大きな話題になりました。『アバター』で注目されたのはデジタル3Dによる、あたかも「その場所にいる」かのような映像。本来は「映像が飛び出す」という3Dの認識を、「奥行きがある」という映像表現に昇華してしまったワケです。僕自身、あまりにも見たくてクリスマスイブに一人でリア充の金持ちカップルが集まる有楽町に行き、「これは見なければ!」という使命感で鑑賞。先日閉館したTOHO日劇シアターで、初めての一人映画で映像の力と大迫力の場面の数々に大興奮しオシッコを漏らしそうになった、という記念の映画でもあります。その後の作品では『アバター』のように、奥行きがある「その場所にいる」という表現が、3Dを用いた映画が主流となりました。カメラ等の技術会社の業界では「アバター以前・以後」なんて言われるのだそう。最近では家庭用のハイヴィジョンTVでも、3D上映に対応したテレビも多く、3D専用のBlu-rayソフトも結構売れているんだとか。

そんな3D技術と合わせて注目を集めているのが「バーチャル・リアリティ(VR)」という技術。

maxresdefault

VR専用のゴーグルを被り、頭・身体を動かすことで実際の視野のように映像を見ることが出来る技術で、去年の年末に発売した『バイオハザード7』では、通常プレイモードと合わせて「PlayStation®VR(PS VR)」によるVRモードがあり、これが実際に舞台にいるかのような臨場感があるらしく、「死ぬ程怖い!」とのレビューが結構あるそうです。最近、およそ10年ぶり(ガチでメタルギアソリッド4以来)にゲームをやろうと思い立ち、Play Station4を購入、上記のバイオハザード7をプレイ(と言いつつ昨日からプレイ)している僕ですが、ただでさえ普通に怖いこのゲーム、VRでやったら「まあ、死ぬな」って感じです。

resident-evil-7-4d-vr-candle-image1-650x376

 

3D技術がエロの世界に!

さて、そんな3D技術とVR技術をピコ太郎の如く「Uh!!」した革命的アイテムを最大限に生かしたとあるコンテンツが、僕の中で話題になっています。それが3D VRによるAVです。さて、3D +VRによるエロビデオ。そもそも何がすごいのか、解説したいと思います。体験場所は秋葉原にある、AV最大手メーカーのソフト・オン・デマンドが経営するビデオ個室「SOD vr」。

 

いざSOD VRへ突入!

さて、ここで3D VRを体験した「SOD vr」とはどういう場所なのか。こちらのお店は実はGoogleで検索すると、お店のジャンルに「映画館」として出てくるのです。映画館だって?まあ、値段的にはドッコイという感じですわね。そういうジャンル分けなのでしょう。

スクリーンショット 2018-02-12 22.18.44

 

↓↓↓レポートの続きはこちらから読めます!↓↓↓

記事の続きはこちら

 

BANANA SCOOTER’Sの用心棒兼コンポーザー。元民放テレビ局AD。自称・関東イチ映画とテクノ・ミュージックを愛する男。ダイエット中。またサブカルチャーへの造詣もかなりのもんです。趣味はディスクユニオンでポンコツCDを購入すること、どうでも良いことに対しての長い作文作成。

故にそんなブログを書くと思います。

しょうもない内容の記事が多いですが、本人曰く「至って真面目」に“しょうもない記事”を書いているとのことです。











-お出かけ、体験レポ, コラム, ブログ, メンズライフワーク(男の遊び), レポート
-, ,

Copyright© BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.