DJ Nisshy | BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズオフィシャルWEBサイト~

DJ Nisshy

DJ Nisshy:DJ

 

六子の末っ子。担当はトラックメーカーとDJ。肩書きから分かる通り、SEKAI NOOWARIの“DJ LOVE”やファンモンの“DJケミカル”的なポジションであり、イベント中の身体全体を使ったパフォーマンスはマニア必見である。とはいえ、世界的なDJに指導された為、実力は随一である。ちなみに、名前は「でぃーじぇーにっしー」ではなく「でーじぇーないしゃい」と読むのが正しい。

幼少期からクラブ音楽の造詣が深く、幼稚園で既にクラブ通いをしていた。
5歳でトライアスロンの世界大会に出場、結果はビリであった。
 
グループで最もおっぱい好きであり、近くに巨乳の女性を用意しないと怒ることがある(怒らないこともある)。
 
小学生から子役の事務所に所属して、数々の一般公開の邦画に出演。
1998年に出演した、カーアクション映画『荒くれスピード』の主役に子役であるにも抜擢。免許取得年齢を逸脱した主役としての熱演に、ゴシップ紙等のマスコミから猛抗議を食らう。
 
現在は演歌歌手としても活躍。ディスラップのような内容を演歌のメロディーで歌うという“フリースタイル演歌”という斬新なパフォーマンスに定評がある。

影響を受けたアーティスト

  • DJ KAORI
  • DJ KOO
  • DJ LOVE