Archive for : 3月, 2016

バナナスクーターズRADIO(ラジオ)第15回放送

【バナスクラジオ 第15回】

オムライスをめぐる価値観の違いにぎっちぽんと戸野ハジメが決裂寸前!?
カウンターパーソンは我慢の印です。イッてもいいんだよ。
バナスクオスカーで急遽放送決定したみんかとぅ一人ラジオで新たな人格が登場!?
■セットリスト
・今だから言える、俺に懺悔しろ!(ぎっちぽん→戸野ハジメ)
・知らないけど知ってる(カウンターパーソン)
・音に合わせて演じろ!バナスクオスカーは誰だ!?
・みんかとぅ一人ラジオ

post image

登山だけじゃない?高尾山の魅力を紹介します!【登山編②】

〜前回のあらすじ〜

東京都にある高尾山にやってきた、私みんかとぅ と かんち。
数ある登山ルートの中から、登りは中上級者向けの6号路、下りには初級者向けの1号路を選択する。
無事に登頂を果たし、能面ヅラでカレーライスを平らげた後、下山ルートに入るのであった。

前回の記事はこちら:
登山だけじゃない?高尾山の魅力を紹介します!【登山編①】

 

1号路を通って下山

前回も少し書きましたが、1号路は初心者向けのルートで、
アスファルト舗装されている、一般的な登山道からみると珍しいコースなのです。
登ってきた6号路と比較すると景色がガラッと変わります。
イメージとしては、「森の中を進む、ゆるやかで長い坂」と思ってもらえれば良いと思います。

その途中で寺院やらサル園やら、面白そうなチェックポイントがあるわけなんです。
まずは寺院「薬王院」から行きます。

 

1号路チェックポイント①「薬王院」

DSC_7803

みんかとぅ「なんか急に観光地みたいな雰囲気になったな」
かんち「ソフトクリーム食べたい」
みんかとぅ「(こいつ観光地に来るといつもソフトクリーム食べたがるな…)」

薬王院の敷地は結構広くて、
写真はその中心に位置する建物、「権現堂」(本堂)です。
周りには諸堂がいくつも建っており、更に、様々な運気上昇スポットが用意されています。
その一部を駆け足で紹介しましょう。

 

DSC_7820
置くとパス
木彫のタコを台座から持ち上げ、試験などの合格を祈願しながら戻すと
ホントに合格できちゃうかもよ?というものらしい。
ダジャレ…

DSC_7823
願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)
願いをかけながら輪をくぐり抜け、その先にある大錫杖を打ち鳴らすと
願いが叶っちゃうかもよ?というものらしい。
この写真を見たサイトのメンバーからは「立ちションしてるみたいで罰当たりだ」と言われました。

DSC_7824
ちなみにこれが大錫杖

 

DSC_7821

みんかとぅ「腹も減ったし、団子食って次のチェックポイントに進むべ」
かんち「うわぁ。バカっぽい画」
おでん串を持ったチビ太を彷彿とさせるからか、
串モノも持つと、いつもに増してバカっぽさが際立つようです。

このお団子は「喫茶小坊 一福」というお店の「天狗十穀力団子(じゅっこくりきだんご)」。
数種の穀物の甘さと、ピリ辛のタレが効いた絶妙な美味しさの一品。オススメです。

 

1号路チェックポイント②「さる園」

DSC_7845

次なるチェックポイント 、高尾山さる園にやってまいりました。
まずは入り口近くの気持ちが妙に不安定になる猿の置き物と記念撮影。

 

DSC_7848

この、岩山を模したスペースでおサルたちがのびのびと生活しているんですな。
おサルたちを最初に見た印象は「こいつら互いの毛づくろい好き過ぎ」でした。(よくわからんけど仲間の体毛から何か摘んで食ってる)
でも観察しているとそれぞれ個性が見えてきて飽きないですよー。
DSC_7847

DSC_7857

DSC_7858

3枚目の毛づくろいペアは終始こんなんでした。

 

DSC_7854

園内では、ペレット状の餌が販売されていて
おサル生活スペースに投げ入れることができます。

かんち「いやお前が食べるんかい」
みんかとぅ「あれ、意外と無くはない…」

※真似してお腹を壊しても当方は責任を負いかねます。

 

下山ルートもいよいよ大詰め

DSC_7866

故郷のさる園を後にし、いよいよ下山ルートも大詰めとなってまいりました。
下ってきたルートを振り返るとこんな感じです。
登ってきた6号ルートと比較すると、道も広く、舗装されているので安心して歩けますね。

 

DSC_7868

ちょっと脇に外れたところには、こんな感じの休憩ベンチがあったりします。
道自体はアスファルト舗装されていても、「山」本来の景色が楽しめるようになっているんですね。

 

登山編まとめ

DSC_7865

いかがだったでしょうか。
高尾山は初心者から上級者まで楽しめるオールマイティな山なんです。
1号路の周辺スポットまではケーブルカーで簡単に来られるので、観光目的としても楽しめますね。

 

次回は高尾山の麓にある「トリックアート美術館」を紹介する、
「ト美館編」をお送りします。

バナナスクーターズWebサイト移管しました

こんにちは。新バナナスクーターズWebサイト管理人のぎっちぽんです。

バナナスクーターズWebサイト下記URLに移管しました。
http://bananascooters.com/

今後はメンバーのしょーもない活動報告を定期的に記事を投稿していくんで、オ○ニーの片手間にでも読んでもらえばと思います。

post image

登山だけじゃない?高尾山の魅力を紹介します!【登山編①】

みなさんお久しぶりです。
バナナスクーターズの恥部、みんかとぅです。

ここ最近、春らしく暖かい日か多くなってきましたが いかがお過ごしでしょうか?
僕は花粉症が酷く、顔面がスプラッシュマウンテンの最後の方みたいにグショグショになっています。

ところで、僕は2年前から趣味で登山をやっています。
雪山は登らないので、冬の間はお休みしているのですが、
そろそろ標高の低い山なら雪も溶けて登れるようになっただろうということで
今シーズン初の山に高尾山をセレクトさせて頂いた訳です。
今回は、そんな高尾山とその周辺の魅力について語ります。

【登場人物 】
・みんかとぅ
・かんち(カメラマン)

 

高尾山てどこにあるの

高尾山は東京都八王子にある山なんです。
なので都心からのアクセスは抜群に良く、 新宿から1時間かからずに着いてしまうんですね。
因みに僕達は群馬から車で高速使って行っているのですが、1時間半くらいで着きました。
関東圏内にお住まいの方にもアクセスしやすいのかと思います。
 

 

高尾山てどんな山

登山と聞くと、「危なそう」とか「道具を買わなきゃ」と思う人もいるかもしれませんが、
この山に関してはノープロブレムです。

登山できる山というのは大抵、複数のルート(登山道)がレベル別に整備されていて、
その中から自分にあったレベルのルートを登るのですが、
高尾山は初級者向けルートがアスファルト舗装されているというのが大きな特徴です。
なので、普段使っているスニーカーや服装のまま登山ができちゃいます。
また、麓からケーブルカーが出ており、中腹まで楽々移動できちゃったりと超お手軽に登れてしまうのです。
もちろん、中上級者向けの普通の(土や岩場の)登山道もあります。

ルートマップはこちら

今回は中上級者向けの「6号路」から登り、
初級者向けの「1号路」から降りるルートを紹介します。

 

登山開始

かんち「お前の周りの空間が歪んでる」
みんかとぅ「一発目からブレブレかよ」
ここは京王電鉄の高尾山口駅。電車の場合はこの駅が高尾山の玄関口になるわけですね。ちなみにここから10分ほどで6号路の登山口に行けます。

途中にケーブルカー乗り場があります。これに乗れば中腹まで楽々移動できるってわけです。
今回は利用せず、麓から登ります。

 

6号路を通って山頂へ

DSC_7762

6号路はこんな感じの山道を進んでいきます。

DSC_7763

途中、飲めそうな湧き水(?)を発見しますが、出てくる量が少なく
ひしゃく一杯貯めるのに1時間くらいかかりそうなので諦めました。

DSC_7769

途中、水が流れているポイントを発見。
みんかとぅ「(これなら飲めるかも)」
かんち「飲むなよ」

DSC_7772

山頂近くまで来ると、階段が多くなってきます。
ゴールが近いことを知りあからさまにテンションがあがります。
因みに、この6号路は登頂に90分程度の時間しかかかりません。
実際、体感時間でもかなり短く感じましたよ。

 

山頂到着

DSC_7787

かんち「(何故すこし食い気味なのか)」
山頂に到着!
高尾山の標高は599m。あっという間に登ってしまいました。

DSC_7782

みんかとぅ「なんか、ちびまる子ちゃんのオープニングに出てきそうなお店がある!」

DSC_7797

この、ちびまる子ちゃんのオープニングに出てきそう(注:みんかとぅ主観)な
「やまびこ茶屋」さんで、軽いお食事いただきます。

DSC_7794

かんち「ひっでぇー顔…」
ミニカレーライスとコーヒーを注文。
人間は腹が減りすぎると能面のような顔になります。

DSC_7795

山のてっぺんで、カレーライスとコーヒーを出してもらえるなんて、そうそう無い贅沢ですよ。
これもまた高尾山の魅力!

長くなってしまうので、下山ルートの紹介は別記事とさせていただきます!