チンパニズムの継承者が集う音楽グループ グルメ・芸能・音楽・映画・ディープな大人遊びを紹介するブログ

BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ

現実逃避メシ(グルメ、食レポ)

【食レポ】楽釜製麺所〜ワンコインで腹一杯讃岐うどん?を喰らう現実逃避メシ〜

更新日:

どうも、今年の姫初めはフラミンゴと片脚プレイで楽しんだアソコはビッグスワンぎっちぽんです。

今回は会社のお昼休みや、給料日前の夕食時によく利用している、
マイナーなセルフ讃岐うどんチェーン店「楽釜製麺所」を紹介します。

先ず皆様にご理解いただきたいのが、味はそこまで美味ではありません。

味では丸亀製麺には敵いませんが、この楽釜製麺所の良さはボリューム、低価格なとこ。

この特盛がデフォルトの大食漢で穀潰しのぎっちぽんが、500円で満腹になれるくらいのボリュームなのです!

ボリュームと価格の安さは、楽釜製麺所に軍配が上がります。

僕のオススメは、冷ぶっかけうどん大(400円)+とり天(130円)

img_4926-1

冷ぶっかけにした方がうどんの弾力が際立って満腹になりやすいのです。

合計530円で、これに毎年1月に配布される30円割引き券を使えば、500円でお腹いっぱいうどんが食べられるのです。
かけうどんであれば割引券を使わなくても500円で食べられます。
また、大盛りにしなければ大抵のメニューは500円未満で食べられます。

img_4927-1

ご覧の通り、箸より太い極太うどん。

最初食べた時は「ゴムみたいで不味い、コシを勘違いしている…」と思っていたのですが、何回か通ううちにそのゴムうどんの弾力が病みつきになってきたのです。

麺つゆと言うよりは醤油の味が強いつゆにゴムのように硬い弾力のうどんが絡まり、
無料トッピングのネギ、天かすと混ぜてズルッと吸い上げる。
これが僕の楽しみ方。

決して美味とは言いがたいのですが、雑な食感、味付けが癖になります。
何よりうどんの弾力が凄いので、お腹いっぱいになります。

そしてとり天には甘ったるい天ぷらのタレをかけてパクリと行きます。
ほぼ衣ですが、わずかな鶏肉が肉汁と天ぷらのタレを良い味に引き立てています。

ボリュームは丸亀製麺の大盛りの2倍はあるのではと思います。

とにかく手早くうどんを食べたい、安価で満腹になりたい時にオススメです!

BANANA SCOOTER’S参謀。
某テレビ局制作スタッフ。職場のストレスが原因とみられる激太りの為、現在ダイエット中。
意外とPCソフト系に強く、特に映像編集ソフトは大抵弄べる。CUBASE魔人。安っぽい映画が好きで、電子系音楽好き。
好きな女性のタイプは有村架純、松岡茉優、JULIA。ムスコは左向き。夢は巨人でオールドルーキーになることです。







-現実逃避メシ(グルメ、食レポ)
-

Copyright© BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.