グルメ・芸能・音楽・映画・男の遊びを紹介するメンズライフワーク応援ブログ

BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ

お出かけ、体験レポ 音楽(楽曲レビュー、ライブレポ)

【ライブレポ】BABYMETAL大好きオジさんがSILENT SIRENのライブに行ってきた〜SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2018「平成最後だョ!サイファミ全員集合!!」〜

投稿日:

どうも!臭くて汚ねぇライブハウスから来ましたぎっちぽんです!
紅白歌合戦の布袋のギター&サザン格好良かったなぁ〜。

今回メンバーの戸野ハジメと一緒に、たまたまチケットぴあで売られていたSILENT SIREN 年末スペシャルライブ2018「平成最後だョ!サイファミ全員集合!!」に行ってきました!

2人もめちゃくちゃSILENT SIRENを聞き込んでいるわけでもないのですが、単純に「可愛い女の子をメンバーが全員三十路になる前の可愛いうちに見ておこう!」というオチン○ン丸出しな発想で軽〜くチケットを買ってしまったんです。

普段BABYMETALのライブにしか足を運ばない僕ですが、メタルの重厚な演奏に慣れてしまった耳でPOPなガールズバンドのライブを果たして楽しめるか?という不安はあったのですが、結果無事に楽しめました!

ライブの感想やSILENT SIRENの人気が出る理由などを自分なりにまとめてみました。


会場座席から大ヒット中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を意識したポーズをとる戸野ハジメ氏。

 

ライブの感想

公演タイトルから連想できるようにドリフターズの「8時だョ!全員集合」をオマージュした舞台からサカナクションの新宝島ばりのパロディ感満載で登場!

とにかく序盤は「BANG!BANG!BANG!」「女子校戦争」などテンポの速いノリノリの楽曲でノンストップで畳み掛けていました。
無駄なMCを挟まずに曲から次曲へのつなぎもすごく良かったです。

途中クイズコーナーでファンからアンケートをとった問題に答えるという企画物を挟み、
「19 summer note.」でのコール&レスポンス、「DanceMusiQ」「フジヤマディスコ」のダンスナンバーで踊り狂うフロア、「What show is it?」で本編は終了。

アンコールでは新曲「無重力ダンス」の初披露があり、最後は定番曲「チェリボム」で締めるという王道進行。

ライブ途中のクイズコーナーではなぜか日本一のヒール芸人ソプラノ髭ダルマが出てきたりと年末イベント感がぎっしり詰まったライブでした。

 

演奏力、歌唱力の感想

SILENT SIRENは「演奏が下手」「ボーカルすぅの生歌が下手」という声を耳にしますが、音の重厚感は無いものの、生歌、生演奏決して悪くないです。
ボーカルは若干エフェクトを加工しているような感じはしましたが全然違和感はなかったです。
CD音源から大きく劣るという印象は受けませんでした。
確かにデビュー当初の映像を見ると「ひでぇな…」と感じるものもありますが、6年間の成長を感じました。

 

ファン層について

ビジュアルを売りにしたガールズバンドのファンというと、むさ苦しい男ばかりだろうと思っていたのですが意外と女子が多い!
男女比は男6:女4くらいだったと思います。
さすが元読者モデル。彼女らのキラキラとしたビジュアルに憧れる女性ファンも多いのですね。
男性1人はもちろん、女性1人でも全然肩身狭くなく楽しめると思います。

 

楽曲について

SILENT SIRENの楽曲はほぼ全てサウンドプロデューサーであるクボナオキ氏が作曲を手がけています。

ジュディマリのTAKUYA楽曲に似た、若い女子のカワイイポイントを押さえたキャッチーなポップロックが特徴。

正直この人の楽曲無しではここまで人気出ていなかったと思います。
メロディを主張した難しくない楽曲構成、シンプルな音数、ノリやすい定番のコード進行でメンバーのカワイさを引き出すことに成功しています。

個人的にオススメの楽曲を紹介します。

ジャストミート

最高にあざといカワイさ前面に出した曲。可愛くなきゃ歌うことが許されない歌詞。
入りのギターリフ、サビのメロディー、Cメロ〜ラスサビの転調などクサいほどにありきたりな曲展開がタマラナイチンゲール!
ライブではタオルを回して投げてと振り付けがあります(PV後半で説明あり)。
個人的にはPVで披露しているメンバーのサテン生地パジャマ姿にそそられます(変態)。

DanceMusiQ

近年ありがちなBPMの速い四つ打ちEDM系のテクノポップ。
曲名にDANCEって入れちゃうところがわかりやすく直接的。
ライブverのイントロがカッコイイのだ。そしてライブではDJ OZUMAばりに「Na〜Na〜Na〜」の所で肩を組んで横揺れするのがお決まり。

BANG!BANG!BANG!

サイサイのサマーチューンといえば「ビーサン」という曲もあるのだが、個人的にはこの「BANG!BANG!BANG!」の方がお気に入り。
何より曲名が頭使ってなくて良い!メッセージ性なんてどうでも良いのだ!と言わんばかりに盛り上がれる楽曲。
しかしメンバーのビジュアルレベルクソ高ぇな…ケバめのアイドルやんけ。

 

今後の活動は?

今回のライブで3/13にNEWアルバム発売&全国ツアーが解禁されました。

今後サイサイはいつまで活動を続けるのでしょうか?メンバーの脱退・新メンバーの加入はあるのか、
現在の「キラキラカワイイガールズロック」を継続していくのか、もしくは大人の女ロック路線に変更を図るのか…。

チャットモンチーやねごととガールズバンドの解散が相次いでいるので今後どこまでSILENT SIRENが今のスタイルを維持したまま活動できるか楽しみです。


天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears” TOUR〜 @ 豊洲PIT [ SILENT SIREN ]


写真集SILENT SIREN (通常版) (リットーミュージック・ムック)


5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017「新世界」日本武道館 ~奇跡~(初回限定盤) [Blu-ray]

BANANA SCOOTER’Sブログ管理人。
二郎系ラーメンと一人遊びが大好きで、グルメと体験レポート記事をよく書きます。
好きな音楽のジャンルはハードロック、メタル、90年代J-POP。
グルメインスタやってます。
https://www.instagram.com/gitchpon/?hl=ja







-お出かけ、体験レポ, 音楽(楽曲レビュー、ライブレポ)

Copyright© BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.