チンパニズムの継承者が集う音楽グループ グルメ・芸能・音楽・映画・男の遊びを紹介するメンズライフワーク応援ブログ

BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ

お出かけ、体験レポ ブログ レポート

【懺悔】1人 #ディズニー ぼっち紀行(前日譚):1人ディズニーまでの経緯

更新日:

こんにちわ。

この間のM-1は「和牛」の方が面白かったと公言して憚らない、空気は過剰によむけど脇が甘いアラサー・トノハジメです。

ところで、みなさん。

今年は幸せな1年でしたか?実は僕はそんなに良い1年ではありませんでした。

なので…今年のすべてを懺悔をしたい!“厄”を洗い流したい!

ということで、自らの発案で行った「1人ディズニー」企画。

と言いつつも、本音言うと割と楽しんでしまったので、今回の記事は1人ディズニーを行くキッカケと経緯をまとめます。

当然、本題の1人ディズニーは申し訳ないですが、

次回の記事で。

今回は経緯説明。悪しからず。

ということで、以降は経緯の説明ってことで、『プロジェクトX』ナレーションの田口トモロヲの口調になるぜ!

今回「1人ディズニー」を行う“キッカケ”

さて、僕には2018年、どうしても悔しかったことがある。そんな自分自身の後悔をどうしても精算したい。それが僕の中では「1人ディズニー」だったワケだ。

理由は以下3つである。

理由① 幻の第1回「1人ディズニー」

今回の題材「1人ディズニー」となっているが、実のところ、すでに今年の夏にとある友人への企画の為に「アラサー1人ディズニー(ちなみに“ディズニーシー”)」を僕は敢行している。

ただし、その結果があんまりにも芳しくなかったのだ。

この去る夏に行ったその行動。物の見事にこのブログにおいても、はたまたSNS(僕などプライベートなモノも含む)においても触れられていない、僕の幻の「アラサー1人ディズニー」。

経緯はこうだ。

今年、我々バナナスクーターズのイラスト担当が無事ご結婚。そんな幸せな2人の為に、彼らの結婚式でテレビ制作5年で培ったスキルを、大真面目且つ存分に生かし、なんと14分という前代未聞の総尺(結婚式は約120分、つまり結婚式のほぼ1/10分の時間)となったメッセージVTRを作成した僕。

※余談1:僕がやりとりしていたプランナーさんも、最初(VTRを確認していない時)は「可能であればもうちょっと…短く…」と、かなり躊躇をしていたレベルの長さであった。実際にVTR作成する旨をプランナーに相談した際に、「大体5〜6分でお願いします!」と言われたので、結婚式のメッセージVTRとしては前代未聞の長さだったらしい。プランナーたちは感動させるのに必死なのだ。しかし、僕は「いやあ〜正直減らせませんね〜」と最後まで断固拒否していた。本当に減らせなかったワケだし。

実はそんな14分の長尺VTRにほぼ“インサート映像”扱いで入れていたのが、この1回目「1人ディズニー」の映像であった。僕自身はYouTuber特有の「●●やってみました〜」的変なノリが本当に大嫌いであるにも関わらず、あえてこういう挑戦してみれば、「もしかしたら新たなイマジネーション(?)が見つかるかもしれない!」と、我ながら謎すぎるアーティスト精神が芽生えて、自らの発案で「1人ディズニー」を敢行。

名目は「ディズニーキャラクターにお祝いコメントをもらおう!」というものであった。しょうもなッ(まさに自爆)

実際の結婚式VTRのスクリーンショット

動画の撮影当日は、昼過ぎの13時頃にディズニーシーにin。しかし、自分が発案であるのにも関わらず、入園早々ど緊張。正直、さすがの僕でも「1人ディズニー」は緊張するのだ。

とりあえず色々策を練って、孤軍奮闘で頑張るものの、あえなくすべて玉砕。ラチがあかないので結局諦めて、仕方なく適当に撮影していた「ディズニー飯」「園内ぶらぶら」などの映像を、結構な撮影時間で撮影。

※僕の当日のディズニーシー滞在時間→13:00〜21:00

しかし、後日動画をインポートして確認してみると、「園内のBGMがガンガン入り込んでいて使えない」「そもそも音声が聞き取れない」など、様々な問題が発覚。撮影した素材時間200分の内、なんと使用するのに耐えれる映像は僅か15分ほどの映像だけであった。

普段どんな状況でものん気な僕でも、さすがに「コイツはマズイ!」と思うものの、もう一度ディズニー行って再撮影へ行くなんてあまりにもお金が勿体無い。仕方なく映像を見繕ってチョイス。というよりも「せっかく身体張って行ったんだし、意地でもディズニーの使いたい」という野望があった。正直、もはや「意地」なのであった。

※余談2:その結婚式VTRに使った「1人ディズニー」の映像は、当然ながらその15分から更にカットを重ねた。VTRに使ったディズニー映像がある4箇所をまとめても、なんと1分弱しか使われていない。そう!なんと総撮影時間の「0.5%」しか使ってないのだ!

その為、深夜バラエティ番組風に作ったメッセージ風の映像の中に、『リトル・マーメイド』の劇中曲「UNDER THE SEA」の音楽と共に突如現れる変な人(僕)がただただメシを食っている映像”と、さながら『ナニコレ珍百景』のような映像がインサートされる奇怪な構成になる。なんて言いつつも、個人的には「意外といけんじゃん」的な考えになっていた。

しかし、結婚式終了後「素敵な映像で良かったね!…でもあのディズニー映像いる?」「ディズニーはなんですか?変な映像でしたね?」とほぼ総スカンであったことが判明。

※余談3:新郎新婦には動画自体は「素敵な映像ありがとう!」と、とても良い感じに褒めてもらった(やったぜ!)。しかし、このディズニー映像に関しては、こちらの2人も「ディズニー映像いる?」という感想であった。ほんと玉砕。

ただし、前述のように、僕的には映像を入れることは意地であった。撮影と編集する身として、その映像をカットすることは出来なかった。ということで、結婚式の映像としては記録に残っているものの、ほぼ黙殺のカタチで現在に至るワケだ。

理由② 2018年の「懺悔」

「今まで頑張ってきたし、一旦休職したいな」という、恋する乙女のような純粋な気持ちで前職を退職したワタクシ。

思えば「実家を離れて一人暮らし」「努力してスマートになる(痩せる)」「真っ当な人間生活をおくる」など、昨年末から今年の年始にかけて掲げた目標を一切達成せず、通年よりも確実に“だらしなさ”を増強させてしまった僕。

一応、それぞれ理由はある。


 

◆「何故、一人暮らしをしなかった?」

 →→→前職の有職中に発生した経費等の精算書の作成・提出を忘れ、なんと20万円近い大損をしてしまう。誰にも迷惑をかけず、自分だけ大損。今年の上半期で一番嫌なエピソードで、思い出しても冷や汗が出る。正直、これが原因。「鋼鉄の涙腺」なんて言われている僕、この事件で本気で泣きそうになる。

◆「何故、痩せる努力をしなかった?」

 →→→正直、努力はしていた。しかし、「太るは一瞬、痩せるは長期」を身を以て体感した一年になった。太んなきゃ良かった。今言ってもしょうがないけど…。

◆「何故、真っ当な生き方をしない?」

 →→→真っ当な生き方とは、例えば早寝早起き、休日はイベントだったりしてカルチャーの造詣を深めると思っている。しかし、人間生活を健やか過ごすということは、実は一番大変だということを身に沁みて感じたのだった。


 

このように懺悔だらけなのだった。このまま2019年を迎えたら、また今年のようなしょうもない生活をおくることになる。

※余談4:当然、今年掲げていた目標は、来年の目標として繰り越されるのであった!

ということで、2018年の総決算の禊として、「2018年の懺悔」を考えていた。

理由③ 転職があっさり「普通に暇だった」

結果として5年間もの間お世話になった前職。

「ねえ、仕事手伝ってくれない?」と、退職後にポツポツかかってきた上司からの電話やLINEも最近では収まり、2ヶ月強の休職を経て、やっと腰をあげて就活。

※余談5:転職活動を理由は(前職の)先輩に「ダラダラ過ごすなよ!」と、“チコちゃん”的な説教をされたから!恥ずかちい!

「給料」「休日」「雇用保険」等の就職に関しての目標「3K」を掲げつつも、せっかく5年もやったんだから前職のスキルは絶対に生かしたい。数社エントリーの末、上記の「3K」と前職スキルの両面を生かせそうな会社に内定をもらい、現在は入社待ちのワタクシ。入社前には給与の交渉が出来るとのことで、現時点でかなりウハウハしているのだ。目指すは前職年収超え。

上記の件を目標に掲げるも、(成功か不成功かは別として)転職自体はあっさり成功。

しかし、これで僕の休職期間、マストでやるべきことであった職が決まったとなると、それ以外で基本的にやることがなくなってしまった。平日がより一層ヒマになってしまったのである。土日はまだしも、平日においては友人などの生活環境諸々を鑑みた場合、それに対して僕自身は平日がめちゃくちゃヒマなのである。何回も言うけど、平日がヒマ。

結果、ほぼ毎日「水泳」「映画鑑賞」「しょうもないことを妄想」など、無職の限りを尽くすしかない日々。いくら休みが欲しかったとしても、なんだか味気がない日々。せめて入職の前に一つガツンとした思い出を作りっておきたい。

ということで、「1人ディズニー」とあえなくなったワケです。

1年ぶりのディズニーランド

さてさて、経緯の話はここまでとして。

私「ディズニーランドは久々!」と言いつつも、最後に行ってからそこまで時間が経っているワケでもない。実は1年ぶりなのだ。

※“ディズニーシー”に関しては前述の通り。

昨年(2017年)末、実に6〜7年ぶりのディズニーランドへ入園。僕と元高校球児のアゴヒゲグルメインスタグラマーで敢行したディズニーランド2人旅をした経験が。年末シーズンのカップルや家族に溢れる日曜日に行った辱めプチ紀行にて、“むっちり鼻くそ黒子(僕)”“長身アゴヒゲ”という、はたから見たらゲイカップルそのものの風体で、2人きりのディズニーランドを過ごした。

その時、2人でこういう結論に至っていた。

「別に変にリア充ぶらなくても楽しめる!」

なので、実質の現状として20代を駆け抜けた今、ディズニーに行くということ自体、別に変なことではないのではと思った。もちろん、周りの印象などは別として。

その上でも、今「1人ディズニー」をやるしかないと思い始めた。

ジャニーズ事務所の“ミスター俳優枠”で無類のディズニー好きとしても知られる風間俊介くんが、この間テレビで「1人ディズニー」の魅力をアピールしていたが、これらの件もあり、ちょっと「1人ディズニー」に対して日に日に興味が湧き始めていた。

「俺でも出来るんじゃないか」的な。

「1人ディズニー」の準備

ということで「転職が決まりヒマ」とは言いつつも、現在はおヒマな平日中。

僕は「1人ディズニー」を敢行。

いくつか自分の中でルールを決めた。それは以下のいくつかの点。

◆思いつきで行動せず、アトラクション等の行き先はちゃんと決めてから動く。

◆「1人だから恥ずかしい」という感情は捨てて、1人だからこそを生かして、出来る範囲内で思う存分楽しむ。

◆体験したことは全てメモに残して記録。

◆お客様(僕)は神様

◆1人ディズニーの利点を常に探し続ける

特にメモは記録として残すのにとても重要なアイコンなので、最近はクロスワードパズルくらいでしか使っていなかったiPadを用いて、全ての出来事のメモを記入。

ということで準備は万全。

あとは出発するだけだ。

次の記事に続く!

今回は経緯の紹介。

次回は今回の本題「1人ディズニー」メモリアルの紹介です。

なんと朝9:00頃から21:00頃までの長期滞在。気の小さい人なら心臓発作になりかねない状況を、私は如何にして過ごしたのか。

詳しくは次回の記事だぜ!

近日公開。


東京ディズニーランド パーフェクトガイドブック 2018 (My Tokyo Disney Resort) [ ディズニーファン編集部 ]


すっきりわかる東京ディズニーランド&シー 最強MAP&攻略ワザ 2018年版【電子書籍】[ 最強MAP&攻略ワザ調査隊 ]


今日もひとり、ディズニーランドで (幻冬舎文庫) [ ワクサカソウヘイ ]


猫なんかよんでもこない。【Blu-ray】 [ 風間俊介 ]

BANANA SCOOTER’S参謀。
以前の職場(TV制作)のストレスが原因とみられる激太りをしている為、現在本気でダイエット中。主に水泳と食事制限など。『甘い物が苦手』『少食』『低血圧』と、デブとは正反対なライフスタイルのはずなのにデブである。詳しくはこちら
実はPCソフト系に強い。前職でスキルを貯めた映像編集ソフト各種は大抵弄べる。ちなみに、制作スタッフ時代に「これからAdobe Premiereの時代が来る」と、職場の先輩から唆された言葉を鵜呑みにし、率先し購入したことがある。ただ、現在でもPremiereを使っているTV制作スタッフはほぼいないらしく、個人的に習得し使い方をマスターした経験がある。趣味はB級映画・バカ&クソ映画を観て感想を書くこと、チープな電子系音楽を作ること、画像&映像編集ソフトで気持ち悪いテロップを考えるなど。2年ほど前に「巨人でオールドルーキーになる」と謎の宣言をし、自主トレがてら2週間に一回のペースでバッティングセンターに行っていた。それが原因で肩の腱鞘炎と筋肉痛など仕事へ支障をきたし、同僚から文句を言われたことがある。また、学生時代や前職在籍時ほどではないものの、ストレスが溜まると散財してしまう一面がある。







-お出かけ、体験レポ, ブログ, レポート
-, , , , ,

Copyright© BANANASCOOTER'S~バナナスクーターズ~ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.